生きるのが怖いから、愛し合う

公開日: : 最終更新日:2019/12/10 名言

あの刑事たちはもう、東京に帰ったのだろうか。それともまだ、この金沢で、あれこれ嗅ぎまわっているのだろうか。

風子が人を殺した。見知らぬ男と夫を。二人も。
そんな、信じられないわ、と言えない自分に多恵は気づいている。
もちろん、風子が昔から人殺しも当たり前というような不良だったとか、残酷な人間だったわけではない。むしろ風子は、小さな生き物や花などに優しかった。小学生の頃、花壇の雑草を引き抜くにも躊躇って悲しそうな顔をしている女の子だった。雑草にも命があるのに、と咳いて。
でも。
人の心に潜む悪意は、時として、人の命を雑草のそれよりも疎ましいと感じさせる負の力を持つものだ。

51E4S3B4M9L._SX230_ (1)

アパートの一室で顔を潰された男の死体が発見された。部屋の借主である高見健児と風子の夫婦は行方不明。翌々日、高見の絞殺死体が見つかるが、風子は依然姿を消したまま。刑事・遠野要は、風子の過去を追ううちに、忘れ得ぬ出来事の相手が風子であると気づく。

生きるのが怖いから、愛し合う。死ぬのが怖いから、愛し合う。けれど、どんなに愛し合っても最後はひとり。男と女の愛憎を描き、人間性の根源を問う。
愛とは何か、人間性とは何かを真摯に問い掛ける。

秋桜はあまり好きな花ではない。

秋桜の種など蒔いたおぼえはまったくないのに、それは今、庭の片隅でピンク色の花を風に揺らしている。

そう言えば、近所の家の庭先で昨年、秋桜を見た記憶があった。玄関の前に出したフラワーボックス一杯に咲き誇っていたピンクや白の花の群れ。秋桜には雑草の面影がある。どんなに密集させて種を蒔いてもしぶとくどれもこれも花をつけるし、花の寿命も長く、しかも次々と蕾をつける。世間の人々はあの花を可憐だとか慎ましいだとか思うらしいが、多恵にはたまらなく図々しく下品に思われた。たいして世話もしないのに毎年毎年、知らぬうちに伸びて咲き誇る野生。

種が風に飛び、この庭にまで入り込んだのだ。このままにしておけば、この庭は秋桜に占領されてしまうかもしれない。多恵は身震いしてサンダルをつっかけ、庭におりた。
それでも、引っこ抜いた秋桜をゴミ箱に捨ててしまうのはしのびない。キッチンに持ち帰り、花鋏で茎を切って花瓶に活ける。こうしてしまえば、余命は数日。

img_45b0d734968778c2dfcaa623dc8517a8437082

昔、片町時代に客からすすめられて読んだ恋愛小説では、男と女は抱き合い、互いのからだを確かめ合うことさえすれば、わかり合える、と書いてあった。だがそんなことはまるきり、嘘なのだ。

からだを重ねることは、錯覚を育てるだけのこと。わかったようなつもりになれる、それだけのこと。

それでも、手を繋いでいるのは楽しかった。こんな時、こんな状況で何かを楽しんでいる自分が、ひどく奇妙だ。

「考えたら馬鹿みたいだ。でも俺を笑うなら、あんただって充分滑稽だよ。あんたには自分ってもんがどこにもない。あんたはただ、行き当たりばったりに自分を抱いた男に惚れた気になってるだけなんだ。それでその男に尽くすことで全部ごまかしてる。要するにあんたは相手の男のことなんか、これっぽっちも考えてやしないんだ。あんたが求めてたのは、寝心地が良くていい夢の見られる頑丈な腕枕なんだよ。そして俺が欲しかったのは、やっぱり寝心地が良くていい夢が見られる膝枕だった。どうしてあんたのことがこんなに… こんなに好きなのか、やっとわかったよ。俺とあんたは似てる。いや、裏表だ。どっちが裏か表かはわからないけど、俺は男って側にいて、背中合わせにあんたは女って側にいる。でも俺もあんたも、考えているのは自分のことだけなんだ」

関連記事

われら九人の戦鬼

傑作「眠狂四郎無頼控」をはじめ、不羈の想像力を駆使した数々の作品でひろく大衆の心をうち、ロマンの新し

記事を読む

開高健『河は眠らない』

ここの森を歩いているとよくわかるんですけれども、斧が入ったことがない、人が入ったことがない森

記事を読む

私立探偵スペンサーの名言

「救いが必要な人間は何千といる」私は言った。 「おれは全員を救うことははできない。それどころか

記事を読む

拷問に耐えて生き抜くための手順

アジムが、両手をこすり合わせた。 「拷間は、ビュッフェとはちがう。あれもこれも選ぶというわけに

記事を読む

士は己を知る者の為に死す

壮士 11 『士は己を知る者の為に死す』 晋の畢陽の孫の豫譲は、はじめ范・中行氏に仕えていたが

記事を読む

曽野綾子の名言

私にも人並みによく思われたいという気分は充分にあるが、私はこの数年、それをかなり整理したのである。い

記事を読む

C・G・ユングの名言

私は大成功を収めた人に出会うと、成功があだにならないよう祈ります、 ということにしている。

記事を読む

不屈

「invictus」とは、ラテン語で「征服されない」「屈服しない」「不屈」を意味する言葉。 「

記事を読む

千人にただひとりの男

ジョゼフ・ラドヤード・キップリング(1865年~1936年)はイギリスの小説家・詩人で、イギリス統治

記事を読む

尾尻和紀氏
尾尻和紀氏:医療情報誌「集中」で医療・介護の現場を支える

尾尻和紀さんは、医療情報誌『集中』の発行や出版物の企画、制作、コンサル

no image
小暮学社長率いる株式会社インヴァランス

小暮学氏は不動産投資の有名な会社である(株)インヴァランスの社長です。

no image
細田ひとみ社長に聞くフィットネスクラブ経営の極意

女性のためのフィットネスクラブ「jiyujin」の社長、細田ひとみさん

海外100店舗達成!株式会社ペッパーフードサービス一瀬邦夫社長

一瀬邦夫は株式会社ペッパーフードサービスの創業者です。高価なイメージの

ミドリムシで地球を救う!株式会社ユーグレナの出雲充社長

出雲充は株式会社ユーグレナの代表取締役社長です。東京大学農学部卒業後、

→もっと見る

PAGE TOP ↑